共働きの新米ママと新米パパとえいぽよの毎日の過ごし方

広告会社で営業をやっている25歳のママと26歳のパパです。2017年4月21日に待望の男の子が産まれました。共働きで子育てをしながら仲良く楽しい家族を作るべく育児ブログ始めました。

新米パパの記事②:実際の育児における夫婦の差〜家事編〜

こんにちは。

新米パパがお送りするblog第2弾です!

第何弾まで続くんだろうな。(笑)

 

前回は、育児における夫婦の当事者意識の差をテーマにお話をさせて頂きました。

今回は実際の家庭のシーンにおける夫婦間での家事に関わる差をお話しできればと思います。

 

うちの家庭でもこれだけが原因ではないですが、

妻との喧嘩の発端となり、初めて実家へ帰られてしまいました。。。

ドラマでしか聞いたことないセリフを聞いてしまい、途方に暮れました(笑)

 

情けない話はその辺にして、仕事中に上記に関連する良い記事に触れられましたので、

紹介させて頂きます。

 

 ----------------------------------------

■共働き夫婦の夫、家事の実働は1割~家事に関する意識調査/大和ハウス工業
*「やってるつもり」!?夫の家事参加率、夫「3:7」→妻「1:9」と大きなギャップ


大和ハウス工業(株)は12日、共働き夫婦の「家事」に関する意識調査結果を発表した。
20~40歳代で同居の子供を持つ共働き夫婦を対象に、インターネット調査を実施。実査期間は4月15~16日。

家庭での家事負担の割合を聞いたところ、妻の認識では「夫1割:妻9割」(37.3%)がトップ。
妻の88.6%が「自分の家事負担が7割以上」と回答した。

一方、夫の1位は「夫3割:妻7割」(27.0%)で、
妻が思っているよりも「自分はやっている」と思う夫が多く、夫婦間で大きな意識の差がみられた。

----------------------------------------

 

…そうなんです。世の中の共働きご夫婦のパパさん、私たちがやっていることは

妻からすると全体の家事のたった1割にしか満たないのです(笑)(笑)

 

記事の中には

妻が日常的に頑張っているにもかかわらず、
夫が家事だと認識していない「名もなき家事」の存在が明らかとなった。

上位は、「トイレットペーパーがなくなった時に、買いに行く」、
「靴を磨く」、「町内やマンションの会合に出席する」ということ。

 

夫の家事への認識について、実行との落差が最も大きいのは「アイロン掛けをする」。

86.3%の人が家事だと認識しているのに、実行している人はわずか30.3%だった。
食事の献立を考える」も84.3%の人が認識しているが、実行している人は36.7%と大きな落差が。
逆に、「使った道具を、元の場所にきちんと片づける」は、54.0%しか認識していないのに、90.7%が実行していた。

 

とありました。わかりやすいですね。

喧嘩する前に読みたかった記事ですよ!!!!!!(笑)

 

そして、我が家では他の方のblogを妻が読み漁り見つけてくれたものを参考に

「家事分担表」を作成しました。

 

その過程で大事であったのは、「現状のお互いの家事を可視化する」ということです。

参考URL:http://select.mamastar.jp/90918

 

実際に作成した我が家の現状の洗い出しが下記でした。

f:id:apoyo:20170517070921j:image 

 

 …確かにほぼ妻。

1割どころか、1割にも満たないのでは。(笑)

しかも、家事かどうかわからないものまで、夫(私)に入っております。

全国のママさん、家事をしている「つもり」だっただけにも関わらず、

家事を「している」と言った私をお許しください。。。

 

以上、前回は育児の意識の夫婦間での差でしたが、今回は

育児の行動の夫婦間での差に関して書かせて頂きました!

 

次回は、実家に帰るという選択肢を選んだ新米ママと

新米パパ(私)の喧嘩の収束とその後のルールについてお話しさせて頂きます。

 

私たちの経験が少しでも、これからの新米ママパパさんに役立ちますように。