共働きの新米ママと新米パパとえいぽよの毎日の過ごし方

広告会社で営業をやっている25歳のママと26歳のパパです。2017年4月21日に待望の男の子が産まれました。共働きで子育てをしながら仲良く楽しい家族を作るべく育児ブログ始めました。

新米パパの記事③:夫婦間で起きた喧嘩の解決策〜我が家のルール〜

 

おはようございます!

いつも3時からは、息子の夜泣き対応を私が行なっているので現在、朝4時です(笑)

とはいえ最近の息子は夜泣きも少なく、優秀です。

 

今日は新米パパがお送りする第3弾の記事です!ちゃんと続いてます。

前回お伝えした通り、「実家に帰る」という選択肢を選んだ新米ママと

途方に暮れていた新米パパがどう喧嘩を収束させたかをお話しさせた頂きます!

 

まずはえいぽよに感謝したいです。(笑)

私たち夫婦はよく喧嘩をするのですが、今回は妻がしばらく距離を起きたいというところまで

いったので、今までで最大の喧嘩で、なかなか収束しないだろうなと感じておりました。

 

そんな中で、息子が嘔吐をしてしまい、嘔吐物に異変もあったため、

緊急入院となってしまいました。そのため、しばらく離れることを選んだ新米ママとパパでしたが、

その日中にすぐに病院で再会することになりました(笑)

 

私たちを引き戻してくれた息子には本当に感謝しなければなりません。

 

嘔吐に関してはまだ辛そうなので、息子に対してできることは何でもしてあげたいと思います。

息子を世話をするつもりが、いつも育児を通して、

こちらが勉強させてもらっているなぁと感じる次第でございます。。。

 

そして、入院期間を経て退院後は3人で自分たちの家に戻って来たため

喧嘩の収束に向けて、再度夫婦で話し合うことにしました。

そして育児に関する「我が家のルール」決めを行いました!

 

まずやったことはいたってシンプルです。

 

現状の妻の1日のスケジュールを書き出しました。

育児によってどれくらい妻の自由が奪われているか想像したこともなかった私は発狂しました。

また、育児が始まってから夫婦の会話の時間が全くないという課題が浮き彫りになりました。

※実際に一緒に書いたスケジュールが下記です。

 

f:id:apoyo:20170529043046j:image 

 

前回お伝えした家事分担表には家事の頻度が書いてなかったので、

お恥ずかしながらこの時初めて、妻が1日に3回も洗濯していたことを知ったのです。

そしてこのスケジュールを見ながら策定した「我が家のルール」は下記です。

 

1、私はリモートワーク(在宅ワーク)の作業を増やす

※私は営業職ですが、会社はリモートワークがOKです。

2、仕事からの帰宅時間をなるだけ18時にする。

3、帰宅後のテレビや携帯の時間を無くす。

※朝の4時からは7時は私の自由な時間として確保する。

4、自分の洗濯物は自分で洗って、干す

5、夫婦の時間を作り、1週間に1度お互いに対する違和感共有と感謝を伝える時間を作る

 

というものです。

 

上記のルールを守りながら生活を行うことで、妻が早い時間にお風呂に入れたり、

私も5時から7時の間に誰にも邪魔されず、集中して仕事ができるので、前よりも精神的に楽になりました。

 

夫婦間でしっかり話し合う時間もできたので、本当に過ごしやすくなりましたし、

お世辞を抜きで、妻に感謝していること、私に感謝してくれている部分を話し合える時間があることが

2人にとっても良い時間だと感じております。

 

自分たちだけでなく、全国の新米パパママさんにもぜひ、育児が始まったからこそ

夫婦の時間を如何にして確保するのかを話し合って頂きたいなと感じます。

 

今回はここまで!

次回の新米パパコーナーとしては何を書こうかな。

何かリクエスト頂けるとありがたいのですが(笑)

 

私の趣味は、ランニング、ビジネスプランを考えること、メルカリでものを売ることなので、

次回は新米パパの小遣い稼ぎとして、メルカリでものを売って小遣い稼ぎでも

書いてみようかな。

 

では、第4弾もお楽しみに〜。

 

このブログを書いている最中に息子はまた戻してしまったので、心配です。。。